2022年1月25日ー26日(東京)高所作業における安全管理者教育

  • 2022 1.25
  • 2022 1.26

 伐採や高所作業による労働災害がなかなか減らない現状下で、安全教育も形骸化しており実効力のある対策の必要性が高まっています。厚生労働省も第13次労働災害防止計画(2018年4月年から2023年3月)の目標達成のために、さらなる規制もしくは新たな罰則規定を設ける可能性も高くなってきてます。  まずは、伐採や高所作業の安全管理業務に携わる方や事業主の皆様に、今後の対策をどうしていけばいいのか実行力のある具体策を学んでいただく機会を設けました。  本講習では、高所作業の業態に合わせた安全作業のためのガイドラインの作成(基本行動規範)や法令により義務化された必要書類の作成方法、労働基準監督署対策、ゼネコン対策、公共事業対策等々について専門的に学習いたします。ツリーケアに特化した新たなガイドラインや操作手順書等の必要書類の書式や作成書類のサンプルも多数(ペーパーとPDF)お渡しいたしますので、面倒な書類の作成も比較的楽にできます。 また、グーループディスカッション形式による、リスクマネージメントトレーニングを行い、リスク解決のための方法を学びます。  これからの高所作業の安全保障は技術や資格だけでは不十分です。会社の品質保証するためのにはきちっとした書類の整備が不可欠となってきます。 問題となる課題を少しでもなくし、事故のない信頼性の高い現場作業を目指すことを目的とした2日間のセミナーです。   対象者:伐採や高所作業を業務とする事業所の方(これから始める方も可能です)で2日間参加できる方。(1日のみは不可) 会場:アウトドアショップK 東京青梅研修センター 募集人数:8名(2日間) 講師:木下啓(アウトドアショップK代表) 講習参加費:66,000円(税込み)テキスト代含む   持ち物:クライミング用品一式(普段使っているもの)、ヘルメット、グローブ、動ける服装、筆記用具、昼食(近くに飲食店コンビにあり)、飲み物、撮影可能、タオル、マスク スケジュール(両日) 受付開始:8時30分 講習開始:9時00分 終了:17時00分   1日目 ・労働災害に関する最新情報 ・高所作業における法令と行動規範(ガイドライン) ・安全管理のためのリスク対策(グループ討議) ・安全管理のための作業手順書の作成   2日目 ・器具類の使用方法と安全管理方法 ・法令対策 ・労働基準監督署対策 ・ゼネコン対策 ・公共事業対策 ・各自治体の労働局への書類提出方法   キャンセル:キャンセルまたは日程の変更はできるだけ1週間前までにお願いします。当日キャンセルの場合の受講料は返金できません。   新型コロナウイルス感染防止対応ガイドラインをご一読下さい。 (こちら)    ※注意:参加を申込まれた直後に自動返信メールが送られます。 メールがすぐに届かない場合はメールアドレスが間違って入力されていたり受信拒否に設定されている等の原因が考えられますので、こちらへメールや電話等でご連絡ください。 メールではなくファックス等での連絡をご希望の場合もご連絡をお願いします。   お問い合わせ先:アウトドアショップK伊那ワーキング館 TEL:0265-98-0835  FAX: 0265-98-0843  

参加料金

66,000円(税込)各種テキストを含む  

定員 8名(あと5名申し込み可能)
最小開催人数 4
TO TOP