1月20日(木)(東京)ロープクライミングLevel2

  • 2022 1.20

Level2ではLevel1で学んだ内容をSRS(シングルロープ)に置き換えて実践に活かす講習です。

SRS(シングル)のロープクライミングの基本や安全安全対策(安全なアンカー・バックアップ等)を中心に、実践を投通して学びます。

これからロープを使った剪定や伐採を目指す方、一度講習を受けたけどクライミングに不安のある方は受講をお勧めします。

選定や伐採で必要なクライミングテクニック(MRS、SRS、ALT等)の基本を実践で学びます。

クライミングLevel1もしくはLevel1相当、または以前に弊社クライミング1日体験を受講した方が対象になります。

ツリーワーク以外の内容でロープ高所作業特別教育を受講して、クライミングを受講したい方はLevel1から受講していただきます。

Level2を修了された方はLvel 3に進むことができます。

Level3ではSRSシングルロープテクニック(シングルロープテクニックの他にバックアップシステムも併せて学びます)を学ぶ2日間のコースです。

Level3を修了された方はLevel4へ進みます。

Level4では状況に合わせたクライミングシステムの構築(システムデザイン、安全管理等)を学ぶ2日間のコースです。

Level3以降はLevel2もしくはLebel3相当の方であれば受講可能です。

ご自分のLevelを知りたい、Level認定書が欲しい方は2022年1月から認定試験を受験(学科・実技)することができます(1日)。認定書を発行いたします。

 

受講者の皆様の作業に合った内容で講義をしますので安心して受講していただけます。また受講した内容を即業務に活かすことができます。研修終了後に受講終了証を発行いたします。

 

※COVIC-19感染予防のため通常の3割から5割人数を減らす必要がありしばらく少人数で開催いたします。

 

【スケジュール】

 

■開催時間:

 8時30分 受付(ショップにて)

 9時00開始 16時終了予定

■開催会場:ショップ付近の林(会場は事前に通知します)

■開催内容:

・講習内容の説明

・装備の点検

・スローラインとアンカーの設置

 SRSのトップアンカーおよびボトムアンカー種類と設置方法

 SRSからMRSへの切り替え方法

・SRSによるクライミングテクニックと装備について

・ALTによるアンカーの移動

・トラバースフックによる移動

・アンカーの設置と力学について

・アンカーのリダイレクトとポジショニング方法

■持ち物:クライミング用品一式(ロープ30m以上、ハーネス、クライミングデバイス2セット、フットアッセンダー、ロープロケット、カラビナ類、トラバースフックセット(トラバースフック、ロープ10㎜(15m)、デバイス、ケース)、アンカー(ハウススリーブおよびリングセーバー)、ランヤード等)、ヘルメット、作業着、作業靴、作業手袋、保護メガネ、マスク、昼食、飲み物、筆記用具

    

 

注意:

・2日目が雨天の場合は屋内講習になります。

・専門教育になりますので、お申し込みの際には職業欄に業務内容を具体的にお書きください。

 例 造園、ビルメインテナンス、のり面保護、橋梁等点検等 

・受講当日まで健康管理には十分ご配慮ください。 

 

新型コロナウイルス感染防止対応ガイドラインをご一読下さい。 (こちら)    

 

※注意:参加を申込まれた直後に自動返信メールが送られます。

メールがすぐに届かない場合はメールアドレスが間違って入力されていたり受信拒否に設定されている等の原因が考えられますので、こちらへメールや電話等でご連絡ください。

メールではなくファックス等での連絡をご希望の場合もご連絡をお願いします。

 

お問い合わせ先:

アウトドアショップK 東京青梅店

TEL: 080-5146-6886 (木下)

FAX: 0428-78-4838

対象店舗 東京青梅店
参加料金

22,000円(保険料・教材費込)クライミング用品一式代は別途5,000円かかります。

定員 10名(あと7名申し込み可能)
最小開催人数 6
集合場所 アウトドアショップK 東京青梅店研修センター
TO TOP