(東京)リギングを科学的に理解するRigging Basic1(4/17-18)

  • 2024 4.17
  • 2024 4.18

Basic1では、リギングを科学的に分析し、実務に応用できる能力を身に付けるための基本的な知識について、2日間の座学と実習でじっくり学びます。リギングの基本から応用まで実践に使えるアイディアが満載!。

樹木作業の中でリギング作業(ロープを使った伐採剪定作業)は最もリスクの高い作業です。そのため、注意深く計画を立て、慎重に作業を進めなくてはなりません。

  安全で精度の高いリギングを行うためには、適切なロープクライミング技術科学的に裏付けされリギングシステムと、正確なチェーンソーワーク(切断技術)が必要です。そして豊かな発想力必要です。

リギングの講習は、Rigging Basicは1・2とアドバンスRiggingで構成されています。

 

Basic1の対象者は、樹木作業に携わっている方であればだれでも参加可能です。

Basic2はBasic1受講者で、実際に木の登ってRiggingシステムを作りますので、クライミングLevel2以降の受講者が対象となります。スパークライミングも必須です。

アドバンスRiggingでは実際にシステムを構築し木を切るため、チェーンソーの講習(伐木造材の特別教育)を受講されている方で、Rigging Basic2を受講済みの方が対象となります。

 

いつもと同じワンパターンな技術ではなく、その都度適切なシステムを選択できるようになるために、正しい 知識の習得と日々の訓練を積み重ねていくことが必要です。その先に難易度の高い樹木の選定や伐採を安全かつ容易にこなしている、未来の皆さんがいるはずです。  

 

 講習会場: アウトドアショップK東京青梅研修センターおよび付近の林

 集合および受付場所: アウトドアショップK東京青梅店

受付時間:8:00分開始   ※ 講習時間は若干伸びることがありますので時間に余裕をもって参加してください。

集合時間:8:30

講習内容: 1日目(9:00~17:30)

〈座学〉

1.リギングの心構えと準備

2.リギングに使用する機材およびロープ

3.リギングに必要なノット

4.様々なリギングテクニックの紹介

5.力学の基本

6.枝のリギング基本編

7.力学を応用した枝のリギング編

8.複合的なリギングテクニック

9.ブロックカットの基本編

10.力学を応用したブロックカット編

11.枯損木の安全なリギングテクニック

12.災害事例と防止対策(動画等を交えて対策も考えます)

2日目(9:00~17:00)

〈座学と実習〉

1.道具の強度や劣化について

2.道具の管理方法について

3.ブロック・ポータラップのスリングの取り付け方

4.座学で学んだ力学を実験よって体験し更に理解する

5.屋外へ出てターゲットとなる幾つかの課題について調査

6.調査した課題についての計画の立案(グループで実際の実施計画書を作成します)

7.グループで立てた計画をグループ毎に発表し、討議します。

 

持ち物:ノート、鉛筆(シャープペンも可)、赤鉛筆、消しゴム、マーカー類、電卓(携帯可)、物差し、昼食(飲食店あり)、飲み物  傘(雨天の場合)  

駐車場:駐車場はありますが限りがありますので複数で来られる場合は乗り合いでお越し下さい。 受付後有料駐車場へ移動していただきます。駐車料金は終了後領収書と引き換えでお返しいたします。当日受付で詳細をお伝えいたします。  

キャンセル:キャンセルまたは日程の変更はできるだけ早くご連絡ください。キャンセル料は10日前から7日前までは50%、6日前から前日までは70%頂きます。当日キャンセルの場合 受講料は返金できません。

 

申し込みに関するお問い合わせ先:

アウトドアショップK伊那本店(火曜定休)

電話:0265-98-0835/FAX:0265-98-0843

E-mail:info@works-odsk.jp

習内容のお問い合わせ先:

 アウトドアショップK 東京青梅店(火曜から木曜日定休)

TEL: 0428-78-4828 /FAX: 0428-78-4838

担当携帯:080-5146-6886(木下)いつでも一応OK

対象店舗 東京青梅店
参加料金

55,000円(税込み)教材込み(2日間)

定員 10名(申し込み定員数に達しました)
最小開催人数 4
対象 樹木作業を行っている方、これから始めたい方。クライミングできなくても参加できます。
フィールド アウトドアショップK東京青梅研修センターおよび付近の林
集合場所 アウトドアショップK東京青梅店
TO TOP