ジグザグ/ジグザグプラス/ジヨンで発生したスリップの報告

 

ペツルより発信された安全に関する情報です。

2021年8月31日現在

ジグザグジグザグプラスジヨンを使用している間にロープスリップが発生したという報告が複数件ありました。これらの報告を受け、我々(PETZL社)はスリップを引き起こす2つの欠陥の原因を特定しました。お客様には、ご自分の製品について手動検査と機能テストを実施してご確認頂くようお願い申し上げます。スリップが確認された場合は、返品の受け入れをいたします。

 

ジグザグ(D022AA00)、ジグザグプラス(D022BA00)、ジヨン(L22A 025、L22A 040、L22A 055) 3点の シリアル番号18L 0000000 000から21G 000000000000000対象商品となります。

 

新品またはわずかに使用したジグザグ/ジグザグプラス/ジヨンにおいてスリップが発生したという報告と返品を受け、技術的な調査を実施した結果、スリップの原因を特定することができました。ジグザグ/ジグザグプラス/ジヨンのリリースレバーの製造過程で生じた2種類の欠陥が原因です。

・上部レバーのスプリング動作のバラつき

・表面処理の不均衡によるリリースレバー形状の変形

 

ジグザグ/ジグザグプラス/ジヨンのリリースレバー

 

このバラつきにより、リリースレバーの早期摩耗が生じ、数か月の使用後、あるいは新製品に対して異常なスリップが生じる。

 

この状況に対して3つの対策を立てました。

1. 現在の製品の販売を停止する。2021年11月1日以降の新製品納入を目標に、解決に取り組みます。

2. 下記の2つのPPE検査手順に従って、お客様各自での製品検査をお願いします。

3. 不具合が確認された製品に関しては交換または払い戻しの対応をさせていただきます。

 

各自のジグザグ/ジグザグプラス/ジヨンで実行していただく検査ポイント

1. リリースレバーの検査

上部リリースレバーリターンスプリング(1)の可動状態と、ジグザグ/ジグザグプラスの下部リリースレバー(2)の可動状態を確認します。テストを少なくとも10回繰り返してください。

レバーが抵抗なく自由に動くことをご確認ください。

テストの結果が不安な場合は、直ちに製品の使用を中止し、弊社(ODSK)ホームページのお問い合わせフォーム、メール(info@works-odsk.jp)もしくは弊社長野店0265-98-0835·東京店0428-78-4828にてご連絡ください。
対象は弊社から対象商品をご購入され方のみになります。弊社以外でご購入された方は、ご購入店にご相談ください。
これら対象商品についてのお問い合わせも併せて受け付けます。

リリースレバーが正常に作動する場合は、2 の機能テストに進みます。

2. 機能テスト

ジヨン: 地面すれすれの安全な高さでシングルモードでストラップにぶら下がってスリップしないこと。ダブルモードでは、リリースレバーに掛ける力を変え、それに応じてロープの滑りがスムーズに制御されているか確認します。

 

ジグザグ/ジグザグプラス: ご自分のロープ(互換性のあるロープ径:11.5〜13mm)で機能テストを行います。ジグザグをダブルモードでセットし、 地面すれすれの安全な高さでぶら下がります。

 

ダブルモードでぶら下がっているとき、滑りがあってはなりません。リリースレバーに掛ける力を変え、それに応じてロープの滑りがスムーズに制御されているか確認します。

テストの結果が不安な場合は、直ちに製品の使用を中止し、弊社(ODSK)のお問い合わせフォーム、メール(info@works-odsk.jp)もしくは弊社長野店0265-98-0835·東京店0428-78-4828にてご連絡ください。対象は弊社で対象商品をご購入された方のみになります。弊社以外でご購入された方は、ご購入店にご相談ください。これらの製品に対してのお問い合わせも併せて受け付けます。

 

FAQ

シリアル番号を確認するにはどうすればよいですか?

シリアル番号は製品に示されています。

ジグザグ/ジグザグプラスをテストするには、どのロープを使用する必要がありますか?

テストはあなたのロープ(互換性のあるロープ径:11.5〜13mm)で行ってください。このテストは、1つの器具/ロープの組み合わせに対して有効です。ロープを交換すると、このテストの結果が異なる場合があります(例えば、小さい直径のロープまたは新しいロープ)。使用説明書に従って、ロープを交換するたびにこのテストを必ず実行してください。

私の製品は該当製品ですが、テストをしてもスリップしません。製品を返品する必要がありますか?

製品を検査してもスリップしない場合は、製品を引き続き使用できます。ただし、使用手順に従って、各使用前に、およびロープが変更されるたびに機能テストを実行してください。

私はエンドユーザーです。私の製品は該当製品で、テストをするとスリップします。製品を返品する方法を教えてください。

弊社(ODSK)のお問い合わせフォーム、メール(info@works-odsk.jp)もしくは弊社長野店0265-98-0835·東京店0428-78-4828にてご連絡ください。対象は弊社で対象商品をご購入された方のみになります。弊社以外でご購入された方は、ご購入店にご相談ください。これらの製品に対してその他のお問い合わせも併せて受け付けます。

私の製品は該当製品で、テストを行いましたが滑りませんでした。しかし、私は使用中のスリップを経験しました。なぜでしょうか。

リリースレバーの欠陥のため、使用時には、特定の条件下(ロープの同じ箇所に繰り返しローディング、パンタン型のフットアセンダーおよび/または小径ロープの使用)、より重要なおよび/またはより頻繁に滑りが発生する可能性があることを指摘しました。

経験するスリップが実際に許容できる場合は、スリップの増加を監視しながら製品を引き続き使用できます。それ以外の場合は、お問い合わせフォームのローカルアフターサービスセンターに連絡して、製品を返品することができます。

小径ロープのスリップはありますか?

はい、FLOWのような小径ロープを使用すると、より多くのスリップがあります。スリップを制限するには、許可された直径範囲内で大きな直径のロープを使用することができます。使用前に互換性テストを実行してください。

私のジグザグ/ ジグザグプラス/ ジヨンは対象製品ではありませんが、スリップします。どうしたらいいでしょう。

スリップやロックの甘さが見受けられる場合は、デバイスの摩耗が進みすぎている可能性があります。PPE検査手順に従って、製品をしっかり検査してください。

この対象製品を使用して怪我をしたクライマーはいますか?

今のところ、負傷者の報告はされていません。スリップに関する不具合の報告のみ受け取っています。

対象製品の数はいくつですか?

シリアル番号18L 000000 000から21G 000000 000 のすべての製品は、リリースレバーの形状的欠陥を持っている可能性があります。上部レバーのスプリング効果の不良に関する不具合については、リターン率は0.025%です。

私の製品は対象製品で、テストしたときにスリップします。製品を返品する期間はどのくらいですか?

製品のシリアル番号が 18L 000000 000 ~ 21G 000000000000000 の間にあり、こちらが求めたとおりにテストされた場合は、2022年 12 月 31 日まで製品を返品して頂きたいと思います。

 

社名を変更いたしました。

社名および本社住所を変更いたしました。それに伴う変更がありましたので合わせてお知らせ申し上げます。

アウトドアショップK伊那ワーキング館へ本社を移転いたしました。住所・電話番号・FAX番号はワーキング館と同じになります。

E-mailのアドレス・店舗名『アウトドアショップK』については引き続き継続いたします。

変更の内容

社 名

  旧:有限会社信濃梱包

  新:有限会社ODSK

本社住所:

  旧住所:長野県伊那市西町5513-2

  新住所:長野県伊那市西町5041

電話・FAX番号:

  新本社電話番号:0265-98-0835(アウトドアショップKワーキング館と同じ)

  新本社FAX番号:0265-98-0843(アウトドアショップKワーキング館と同じ)

口座名義:口座番号は今まで通りで変更はありません

  旧口座名義:有限会社信濃梱包、ケイズファクトリー

        新口座名義:有限会社ODSK

スプライフ (spLIFE) について

スプライフ認定証(ドレーナライン)

スプライフ認定証(タキオン)

スプライフ技師認定証(ポール ポインター)

 

『スプライフ』という名前の新しいロープ端末加工法(スプライス)がODSK(アウトドアショップK)で製作可能になりました。

スプライフはタキオンおよびドレーナラインの2種類に加工できます。

ODSKはトゥーフェルベルガーとTÜV (ドイツ技術検査協会) によってヨーロッパ規格に合格した正規スプライフ加工業者に認定されました。

ポール ポインターが認定された正規の技術者です。

 

タキオンに施されたスプライフは従来のダブルブレイドスプライシングと比べるとアイ部分全体が柔軟で細め仕上がり、今までよりいろいろな用途で使いやすくなっています。

例えばカニカルデバイス、ハウススリーブ、各種アンカー、リング&リングへ通しやすくなっています。

またアイの部分にノットを結びやすくなりました。

 

ドレーナラインに施されたスプライフもユニークです。

コアに荷重が多く掛かるパラレルコアロープのアイ加工は通常太い糸で縫い付けられており、その形状によりクライマーにとっては使いづらい場面が多々ありました。

ドレーナラインのスプライフはネックからアイに至るまで柔らかくてロープ径も変わらず、タキオンのスプライフと同様の利点を持っています。

 

ODSKは公認のスプライフ加工業者として、いろいろな長さのアイ付きロープを製造できますので、お客さんの要望に応じた長さでランヤードやクライミングロープを供給することができます。

ご希望によってロープの両端にもスプライフ加工ができます。

各スプライフには独特のシリアルナンバーを付けて販売されます。

使用される前にそれを控えておいてください。

どちらのスプライフも動荷重及び静荷重を掛けた厳しい試験に合格していますので安心してご使用頂けます。

上:スプライフ 下:普通のダブルブレイド アイ加工

TO TOP